協会員プロフィール

三笑亭 笑三
芸名
三笑亭 笑三
芸名ふりがな
さんしょうてい しょうざ
本名
斧田 道男
本名ふりがな
おのだ みちお
生年月日
大正14年10月28日
逝去日
平成30年10月24日
出身地
東京都
芸種
落語
階級
真打
出囃子
並木駒形(端唄)
芸歴
大正14年 早稲田第二高等学院在学中、学徒動員。昭和21年 八代目三笑亭可楽師匠に入門「可寿美」
昭和25年 「柳亭春楽」と改名
昭和29年 二代目三遊亭圓歌師匠門下へ移り「歌風」
昭和35年  可楽門下へ戻り「三笑亭笑三」
昭和36年4月 真打昇進
昭和52年12月協会の理事に就任

役員として長く協会の運営に尽力された師匠は、早稲田第二高等学院在学中に学徒動員として出兵、激動の時代の中復員後に落語家となりました。
平成28年まで8月下席の浅草演芸ホールで大喜利の司会を務め、若手への愛のあるツッコミは客席、楽屋でも話題をさらいました。大喜利は師匠の意志を継ぎ今も8月下席で行われており、次の世代にバトンが繋がっています。その浅草演芸ホールではプログラムの表紙絵を担当していました。年賀状などの手紙にも自身のイラストを必ず描くなど、まめで絵のセンスもありました。特技の8ミリ・16ミリカメラによる映画制作においては、その腕前はプロ級で、プロダクションを立ち上げて作品を残されるなど、多彩な才能で多くの人を魅了しました。
得意演目は「安全地帯」「異母兄妹」「大師の杵」「悋気の火の玉」など。
多くの新作落語も生み出し“ハイカラ”という言葉が似合う師匠でした。
寄席としては平成29年1月6日の国立演芸場が最後の高座となりました。
演目「消費税」
受賞
昭和39年 芸術祭奨励賞
著者
「三笑亭笑三のRAKUGO人生」(北泉社)刊
「話上手になる秘訣」(スタッフ21)
趣味
特技として8ミリや16ミリカメラの映画制作はプロ級の腕前、漫画やビデオ製作も玄人はだし。
  • 協会員プロフィール トップ
Copyright © 2019 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。