協会員プロフィール

柳家 小蝠
芸名
柳家 小蝠
芸名ふりがな
やなぎや こふく
本名
新井 淳一
本名ふりがな
あらい じゅんいち
生年月日
昭和50年11月16日
逝去日
平成30年1月12日
出身地
群馬県
芸種
落語
階級
真打
出囃子
ああそれなのに
芸歴
平成6年 五代目立川談志師匠に入門「志っ平」
平成13年 十代目桂文治門下へ移籍「桂前助」と改名
平成16年 文治没後、柳家蝠丸門下へ
平成17年2月 二ツ目昇進、柳家小蝠を襲名
平成26年5月 真打昇進

「第六回さがみはら若手落語選手権審査員特別賞受賞」
「第二回前橋若手落語家選手権準優勝受賞」

得意演目は「おしくら」「旅行日記」「親子酒」「蛙茶番」「木乃伊取り」「掛け取り」、立川談志門下を離れたのち、十代目桂文治門下に入門し芸協の一員となりました。師没後は柳家蝠丸門下へうつり柳家小蝠を襲名し二ツ目昇進。4年前に真打昇進。先代文治師匠の演目や芸協に古くから伝わる新作落語「芸協噺」を好んで演じ、その芸歴に裏打ちされた語り口は親しみやすく、技巧派の演者でした。先輩から愛され、後輩からも慕われる存在で、当協会に於いて欠かすことのできない特別な若手演者でした。
平成30年1月5日、上野広小路亭の初席が最後の高座となりました。
演目「表札」
趣味
野球観戦
コメント
さあ、失った二十代を取り返そう!
  • 協会員プロフィール トップ
Copyright © 2019 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。