協会員プロフィール

橘ノ 圓
芸名
橘ノ 圓
芸名ふりがな
たちばなの まどか
本名
布施 重雄
本名ふりがな
ふせ しげお
生年月日
昭和10年8月27日
逝去日
平成26年5月29日
出身地
山形県南陽市
芸種
落語
階級
真打
芸歴
昭和29年(1954年) 三遊亭円馬師に入門、冨太馬で前座
昭和33年(1958年) 芸名扇馬で二ツ目に昇進
昭和44年(1969年) 真打昇進、三代目橘ノ圓を襲名

得意演目は「鹿政談」「もう半分」「長短」「殿様団子」他。
滑稽噺から人情噺、怪談噺まで軽妙にそして重厚に演じる古典落語の名手でした。その高座は、義理を重んじ情に厚い師匠の人柄が噺に映し出され、当協会の重鎮として欠かせない存在でした。
平成6年より当協会の理事を務め、長きにわたり協会の指導役としても活躍しました。平成26年5月22日山形県南陽市で開催された”南陽寄席”が最後の高座となりました。演目「蛇含草」
趣味
植木
  • 協会員プロフィール トップ
Copyright © 2020 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。