協会員プロフィール

桂 伸乃介
芸名
桂 伸乃介
芸名ふりがな
かつら しんのすけ
本名
伝川 博
生年月日
昭和28年5月16日
逝去日
令和2年1月1日
出身地
東京都渋谷区
芸種
落語
階級
真打
出囃子
越後獅子前弾き
芸歴
≪略歴≫
昭和28年5月16日生まれ (出身地 東京都渋谷区)
昭和45年(1970年)10月 十代目桂文治に入門 「桂 ひろ治」となる
昭和51年(1976年) 4月 二ツ目に昇進 「桂 伸乃介」となる
昭和61年(1986年) 5月 真打昇進 

得意演目は「長短」「ろくろっ首」「千早ふる」「真田小僧」他。
先代文治師匠の演目や滑稽噺を軽妙に演じ、その高座は寄席の番組には欠かすことのできない存在でした。
幼少の頃よりピアノを始め、ギター、三味線などの楽器演奏も得意とし、寄席興行における「二人羽織」で三味線を弾き、また噺家バンド「にゅうおいらんず」ではピアニストとして活躍、当協会の興行に大きく貢献された演者でした。令和元年12月中席 お江戸上野広小路亭で主任を務め、12月14日が最後の高座となりました。演目「千早ふる」
趣味
ピアノ、ギター、三味線の演奏
  • 協会員プロフィール トップ
Copyright © 2021 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。