芸協トピックス

協会員サークル活動

  • 駄句だく会(11月)句会報 

更新日2014年11月19日

月 日―― 平成26年11月13日(木)
出席者―― 鏡味健二郎・桂小文治・桂南なん・雷門小助六・神田松鯉・斎須祥子
山遊亭金太郎・山遊亭くま八・三遊亭遊かり・三遊亭遊吉
春風亭鹿の子・春風亭傳枝・昔昔亭桃之助・柳亭芝樂 (五十音順)
不在投句――鏡味味千代・桂右團治・春風亭小柳枝
吟行地―― 等々力渓谷~不動の滝~等々力不動尊明王院
句会場―― 上野広小路亭
兼 題―― 冬ざれ

比田誠子 選

特選
◎正面に削られし山冬ざるる 松鯉
◎はしやぐ子を笑顔で叱る七五三 小助六
◎洗心の紅葉一枚掬ひけり 金太郎

佳作
手水鉢沈む枯葉と浮く花びら 小助六
冬ざれのグランド男ひとり立つ  小柳枝
涸滝の上に不動の睨みをり 祥子
団栗の敷きつめられし遊歩道 遊吉
押し入のぽかんと空きて冬支度 味千代
テニスコート右に左に声冴ゆる 南なん
印伝の鼻緒濡れをり散紅葉 鹿の子
冬ざれの河岸に響くや競りの声 小柳枝
大熊手担いで右手あんず飴  南なん
売店のアイス横目に七五三 桃之助
落葉して細き流れを止めにけり 金太郎
冬ざれや力士の背より湯気の立つ  右團治
冬麗に華やぐビルの壁画かな  松鯉
子も親もモデル気分の七五三 小文治
冬に入る形見のセーター身になじみ  健二郎
秋惜しむ極彩色の社かな  味千代
好天へ銀杏匂ふ万願寺  遊かり
冬ぬくしおやつ分け合ふ媼かな  金太郎
冬青空五差路のパン屋香りけり くま八
鴨遊ぶ渓谷跨ぐゴルフ橋 芝樂
冬の月海に破片を散りばめぬ  味千代
階にどつかと座る七五三 金太郎
冬うらら園児の帽子あざやかに  遊かり
くるくると落葉舞ひくる水面かな  傳枝
冬ざれや猪の道現れぬ  祥子
寄席はねて連れ立つ前座夜鳴蕎麦 松鯉
菊祭プードル達の品評会 くま八
渓谷に小さき滝音枯蟷螂 祥子
日の当たる方へ方へとつがひ鴨 誠子

*久しぶりの吟行会は冬晴れの温かい日となりました。鏡味健二郎さんの案内で総勢13名、世田谷の等々力渓谷へ出掛けました。東京23区にある唯一の渓谷で、谷沢川に沿って等々力不動尊明王院まで遊歩道がつづいています。何処からともなく舞い降りてくる欅や桜の紅葉が川に散り込み、つがいの鴨を驚かせていました。 (誠子 記)

  • 芸協トピックス トップ
Copyright © 2017 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。