芸協トピックス

協会員サークル活動

  • 駄句だく会(9月)句会報

更新日2015年9月22日

月日/平成 27年 9月 15日(火)
出席者/鏡味味千代・桂夏丸・桂南なん・雷門小助六・神田松鯉・斎須祥子
山遊亭金太郎・山遊亭くま八・春風亭小柳枝・昔昔亭桃之助・春雨や雷太
(五十音順)
不在投句/春風亭傳枝
吟行地/松ヶ谷町(本覚寺・祝言寺~かっぱ寺)
句会場/喫茶「待合室」

比田 誠子 選

■特選

◎ジンジャー咲くプレス工場静かなり ~くま八
◎石仏の耳たぶ長し秋の空 ~祥子
◎痩せもせず太りもせずに秋彼岸 ~南なん
◎ひび割れし石灯籠や柘榴の実 ~金太郎

■佳作

朝顔や回覧板のぶら下り ~金太郎
こほろぎや世間話に夜も更けて  ~夏丸
道灌公開きし寺や秋の蝶  ~小柳枝
逆上がり頭の中でちちろ鳴く  ~金太郎
寺めぐり少し疲れて蒸かし芋 ~南なん
道灌の開創の寺初もみぢ  ~祥子
秋の鷺去りて一面黄金色  ~傳枝
金風や寄席の幟の翻る ~味千代
住みづらき所なれどもちちろ虫  ~南なん
スカイツリー見上げて背高泡立草 ~桃之助
秋の蝶傘寿の肩をめでにけり ~金太郎
かつぱ像の皿に賽銭秋うらら ~松鯉
白曼珠沙華赤き社殿の入り口に  ~松鯉
かつぱ寺銀水引草そそと揺れ ~祥子
秋蝶の影枯山水乱しけり ~くま八
赤とんぼ背の赤子をあやしをり ~金太郎
柏手の響く境内曼珠沙華  ~雷太
蟋蟀や悪口は聞き流しをり ~味千代
軒ごとに咲かす朝顔裏通り ~松鯉
松が谷町彩る紫式部の実 ~小助六
初ものの栗飯三杯おかはりす ~傳枝

秋日傘江戸大絵図の社寺めぐり ~誠子

*浅草演芸ホール前に集合した一行は、合羽橋道具街西側に位置する台東区松が谷の社寺を巡りました。まず訪れた矢先稲荷神社では白曼珠沙華を見つけてしばし足を止め、次第に俳句モードになっていきました。本覚寺から太田道灌開創の祝言寺、合羽橋の地名の由来となった曹源寺(かつぱ寺)などをめぐり、風も心地よい爽やかな小半日を過しました。(誠子 記)

  • 芸協トピックス トップ
Copyright © 2017 公益社団法人落語芸術協会 All Rights Reserved.
当ホームページの文章、写真、イラストなどの著作権は、公益社団法人落語芸術協会に帰属します。無断転載はお断りいたします。